漢方、そして東洋の伝統医学を 「人が元気になるための知恵」として

楽しく紹介していきたいと思います。


こんにちは。


みなさんは「漢方」というと、どういったものを思い浮かべますか?
ツボ、マッサージ、漢方薬、薬膳etc.

実は「漢方」という呼び名は日本固有のもの。


中国で「中医学」といわれる伝統医学をベースに
日本で発展したものが「漢方」なのです。

 


その考え方の基本にあるのは”調和”。
人が健康でいるためには、
体の不調を部分でとらえず、”全体”を見ること。
心と体、人と自然のつながりを考えること。

「健康」を意味するHEALH(ヘルス)も
「癒し」を意味するHEAL(ヒール)も、
ギリシャ語のHOLOS(ホロス)=「全体」から生まれた言葉。

毎日の生活が忙しくて、いろんな技術が進歩しすぎて、
忘れられがちなこと。
昔から大切にされてきたはずの、大切な知恵。

このサイト「カンポウセイカツ」では、
漢方、そして東洋の伝統医学を

”人が元気になるための知恵”

カジュアルに、楽しく紹介していきたいと思います。


【生活に「漢方」の知恵を】
それが「カンポウセイカツ」でお伝えすることです。

 

                        中医コーディネーター

                                               【国際鍼灸医師 国際薬膳師】

 

                                鳴海美紀

 

 

Coyright (C) 2007-2011 Kampo-seikatsu. All Rights Reservedopyright